twinkledisc blog

2010 年 7 月 26 日

制作環境(16.07.17更新)

Filed under: 未分類 — Dios/シグナルP @ 15:32

現在制作で使用している機材たちです。

【メインPC】
OS:Windows 10 Pro 64bit
CPU:i7 4930K
メモリ:DDR3-1666 8GBx4 計32GB
SSD:1TB、512GB x3
外付けHDD:6TB
グラフィックボード:GTX970
ディスプレイ:40インチ4K、27インチ4K

【ハードウェア】
オーディオI/O:Avid HD I/O, Mbox mini, waves DiGiGrid DLS
MIDI I/O:iConnectivity mio10, ConnectMIDI4+, cakewalk UM-3G x2
モニタースピーカー:YAMAHA NS-10M STUDIO, QUAD S-1
パワーアンプ:Crown D-75A, D-45
モニターコントローラー:GRACE design m905
フィジカルコントローラ:Avid Artist Control, softube CONSOLE 1
ヘッドホン:SONY MDR-CD900ST x3, YAMAHA HPH-MT220, AKG K701
イヤホン:SONY XBA-3SL
ミキサー:Speck electronics XTRAMIX, TASCAM LM-8ST
マイク:NEUMANN U87Ai, RODE CLASSICⅡ, SHURE SM57 x4, SM58
VUメーター:TOMOCA AMU-2 Ⅲ
コントローラー:KORG microKEY, nanoKEY2, nanoPAD2
ハンディレコーダー:TASCAM DR-07MKII
カセットレコーダー:SONY TC-K710S
ペンタブ:WACOM intuos4
その他:117Vステップアップトランス, iPad Pro + KORG plugKEY, MacBook Pro Retina 15

【ハードウェア音源】
KORG:TRINITY V3, TRITON-Rack+EXB-PCM 01~07 09
Roland:TR-909, INTEGRA-7, JD-990 +SR-JV80-04, XV-5080 +SRX05 06 08 09 +SR-JV80-04 06 09 10
access:VIRUS TI2 Desktop
Arturia:MiniBrute
AKAI:S5000, S3000XL, S700

【アウトボード】
電源モジュール:FURMAN M-8Lx, D10-PFP x2, TASCAM AV-P250LUV, AV-P25Rmk2, ETA PD8L
プリアンプ:AURORA AUDIO GTQ2
コンプレッサー:Empirical Labs Distressor EL8-X, 1176Clone, dbx 160SL, 1066
マルチエフェクター:SONY DPS-V77, YAMAHA SPX2000, REX50
リバーブ:Lexicon PCM91
ディストーション:Proco RAT2
パッチベイ:NEUTRIK NYS-SPP-L x2,dbx PB-48 x2

【主要ソフト】
DAW:CUBASE Pro 9,Pro Tools HD 12, ProTools 12
マスタリング:WAVELAB Pro 9

【ソフト音源】※使用頻度の低いものは除く
acousticsamples:B-5 Organ, Mark79
Applied Acoustics Systems:Lounge Lizard EP-4
Arturia:V Collection 5
BEST SERVICE:CHRIS HEIN HORNS Pro VOL.1 & 2
D16Group:PunchBox, LuSH-101, Drumazon, PHOSCYON
EASTWEST:HOLLYWOOD STRINGS,QL Ministry of Rock 2,The Dark Side
FXpansion:BFD3
MusicLab:RealLPC,RealStrat
Native Instruments:KOMPLETE 9 ULTIMATE
IK multimedia:SampleTank3
Ilya Efimov:Acoustic & Nylon Complete Bundle
KORG:Legacy Collection DIGITAL EDITION
ORANGE TREE:Evolution Guitar Bundle, Big Bottom Bundle
Pettinhouse:The Bundles
Modartt:Pianoteq5
reFX:NEXUS2
Slate Digital:StevenSlateDrums4 Platinum
Spectrasonics:Omnisphere2, Trilian, Stylus RMX
Steinberg:HALion5
Synapse Audio:DUNE2
TOONTRACK:Superior Drummer 2.0 + SDX EZX各種, EzKey
UVI:FALCON, Vintage Vault, Complete Toy Museum
Vengeance:Metrum
VIENNA SYMPHONIC LIBRARY:各種
Virharmonic:Bohemian Violin
waves:element, Codex
XLN Audio:Addictive Drums 2, Addictive Keys
VOCALOID:Editor4 for cubase、VocaListener
初音ミク(V2 V3バンドル V4Xバンドル)、鏡音リン・レン(初代、ACT2、Append、V4Xバンドル)、巡音ルカ、
メグッポイド(V2、V3 Complete、V3 Native)、がくっぽいど、VY1 V3、VY2 V3、Lily V3、Mew、IA、
結月ゆかり、兎眠りおん、SeeU、MAYU、ZOLA、kokone、蒼姫ラピス、Merli、Vflower、Fukase、夢眠ネム、兎眠りおん

【プラグインエフェクト】※使用頻度の低いものは除く
Antares:Auto-Tune 8,Avox Evo
Brainworx:bx_boom!, bx_cleansweep V2, bx_control V2, digital V3, dynEQ V2,
       bx_limiter, bx_refinement, bx_shredspread, bx_solo, bx_stereomaker
Elysia:alpha compressor, mpressor
fabfilter:PRO-Q2, PRO-C2, PRO-MB, PRO-L
iZotope:Music Production Bundle 2, RX5
Lexicon:PCM Native Reverb Plug-in Bundle
Maag Audio:Maag EQ4
Native Instruments:KOMPLETE 9 ULTIMATE
Noveltech:Vocal Enhancer, Character
Positive Grid:BIAS Amp
Pro Audio DSP:DSM V2
PSPaudioware:VintageWarmer2, PSP85
softube:Tube-Tech Classic Channel, SSL XL 9000 K-Series for Console 1, British Class A For Console 1, SSL SL4000E
SSL:EQ & Dynamics Channel, Duende Native Bus Compressor, Drumstrip, Vocalstrip
Universal Audio:UAD-2 OCTO ULTIMATE
Waves:Mercury + Studio Classics, REDD, Infected Mushroom Pusher

【その他】
VIENNA ENSEMBLE PRO 5
VIENNA INSTRUMENTS PRO 2

【楽器】
エレキギター、アコースティックギター、バイオリン、ハーモニカ、リコーダー
スネアドラム、タンバリン、カバサ、トライアングル、ボンゴ

140902 2

7 Comments »

  1. こんばんは~
    新曲のフル聴きました、メグッポイドの真価を発揮といったところですね…素晴らしすぎます。

    しかし素晴らしい機材ばかりですね…
    SampleTank2が書いてあってびっくりですが、私も使っていますがこれだけ専門音源あれば使いどころが無いのでは?と思ってしまいます。
    1回起動しちゃえばサクサク動くという点で曲のラフスケッチに使うと聞きますがやはりシグナルさんもそのように使ってらっしゃるのでしょうか?

    コメント by SAY — 2010 年 8 月 14 日 @ 01:05

  2. >SAYさん
    SampleTank2はこの前のグループバイセールですごくお得だったので買っちゃいましたが確かに出番は少ないですw
    でも専門音源ばかりだとみんなが主張しすぎてしまい、こういった音もけっこう重要なんです。
    「会いたい」の出だしなどで使っているメロトロンのフルートとストリングスはこいつの音です。
    僕はラフスケッチみたいなことは一切やらないで、最初から使う音を決めて打ち込んじゃいますよ。

    コメント by Dios/シグナルP — 2010 年 9 月 9 日 @ 14:18

  3. こんばんわー
    今更ですが、Cubaseを64bitにされたんですね
    32bitからなにか変化したこと(特に、悪かった点)はありましたか?

    コメント by ナナシー — 2010 年 10 月 19 日 @ 19:15

  4. >>ナナシーさん
    遅くなってすみません。
    この一覧は随時更新しております。
    Cubaseを64birにしたことによって変わったのは、jBridgeが必須になったことですかね。
    Cubase付属のVST Bridgeで動く32bitプラグインでもjBridgeで動かしたほうが負荷が低いです。
    M1とProteusVXはjBridgeでも不具合が出たので、Vienna Ensamble Proで立ち上げています。
    最初は色々と試行錯誤が必要なので大変かもしれないですけど
    こういったように見極めていけば64bitになって悪かった点や使えなくなった物
    などというのはうちでは特にありませんでした。

    コメント by Dios/シグナルP — 2010 年 11 月 10 日 @ 15:11

  5. Dios/シグナルP様
    初めまして、リョウと申します。

    使用機材についてご質問させて頂きたく
    コメントさせて頂きました。

    使用機材紹介(11.01.11更新)で
    【メインPC】OS:Windows 7 Professional 64bit
    【ソフト音源】CHRIS HEIN HORNS VOL.1.5 & 2
    とありましたが、
    win7でCHRIS HEIN HORNSは動作するのでしょうか。
    メーカーの対応OSにはwin7は記載されていなかったので・・・。

    私もCHRIS HEIN HORNSの購入を検討していましたが、
    win7に対応していないとのことだったので、
    泣く泣く諦めようとしていたところでした。
    もし、Dios/シグナルPさん宅で問題なく使用できているのであれば、
    購入しようと考えています。

    突然、このような質問をしご不快にさせてしまいましたら
    申し訳ございませんが、ご返信頂ければ幸いです。
    宜しくお願い致します。

    コメント by リョウ — 2011 年 1 月 25 日 @ 20:53

  6. >>リョウさん
    質問大歓迎ですよ!
    http://twinkledisc.net/blog/?p=448
    ちょっと古かったので更新しました。
    こちらの記事に書いたようにWin7に対応していないからといって
    動かないソフトというのはあまりないです。
    なかには細かい部分に不具合が出たり、インストールすらできないものもありますが・・・
    CHRIS HEIN HORNSに関してもまったく問題なく動作しております。
    これはKONTAKTのライブラリとして鳴らすもので
    KONTAKTはWin7の64bitに完全対応しておりますので
    今までに不具合などは一度も出たことなく、快適に使えております。

    コメント by Dios/シグナルP — 2011 年 1 月 27 日 @ 06:48

  7. >>Dios/シグナルPさん
    お忙しいところ、ご返信ありがとうございました!

    記事拝見させて頂きました。
    非常に参考になりました。
    CHRIS HEIN HORNS購入決定となりました!
    ありがとうございました。

    コメント by リョウ — 2011 年 1 月 31 日 @ 22:32

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

Powered by WordPress